読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小3から日焼け止めを塗っている私の美肌奮闘記

小3から毎日日焼け止めを塗っている24歳OLのブログです。

日焼け止めを塗るメリット

毎日日焼け止めを塗っていることで、よく勘違いされることがあるのですが、
私は「美白」を目指しているわけではないんですよ……!
あくまでも「日焼けしたくない」という一心で行動してるのです。

え?どう違うの?

と思う方もいるかもしれませんが、「日焼けしない」ということは「美白になる」以外の利点が沢山あるんですよ!


まず、肌が綺麗になります

私はここ数年、自分の肌にニキビや吹き出物が出るのを見たことがありません。
思春期の頃は流石に少しありましたが、18歳くらいから一切見なくなりました。

また、ただ単にニキビがない人の中でも、艶々していて綺麗な肌の人もいれば、くすんでいる肌の人もいると思います。

日焼けを防ぐことで、今の肌よりも更にパワーアップした艶々肌になれます♪

昔聞いた話ですが「肌は紫外線対策と保湿だけしていればいい」といっていた皮膚科医の方がいたそうです!
私もそれを実感しています!


次に、日焼けを防ぐことは老化防止に繋がります。

「紫外線 老化」
で検索すると、様々な情報が出てきます。

 

紫外線によるダメージ(光老化)|アンチエイジングネットワーク

 

紫外線が肌へダメージを与え、それが蓄積してシワ・シミになっていきます。
細かい話をすると、UV-A、UV-Bという2つの波長(UV-Cってのもあるんですがここでは置いておきましょう 笑)

 

UV-Bが、一般的な紫外線の認識である「日に焼けちゃう~」ってアレです。
黒くなったり赤くなったり。
こちらは日焼け止めのパッケージに表示されている「SPF○○」ってのが守ってくれるので、そちらを参考にしましょう。
また、日焼け止めを塗らなくても日傘や長袖などである程度対策することが出来ます。

 

厄介なのはもう1つのほう、UV-A
こちらは短時間で目に見える影響がないのですが、長期にわたって浴びると(≒対策無しに年齢を重ねると)
シワやシミの原因になっていきます
なんとUV-Aの方は、日傘などの物理的な遮蔽物があってもするっと通り抜けてきます
ガラスなんて無いと同じ、室内にいても油断大敵です。

 

物理ではダメです、日焼け止めを塗りましょう。
これは怖いですね、書いてる今も室内にいるのですがムズムズしてきて日焼け止めを塗りなおしました。
こちらは日焼け止めのパッケージに表示されている「PA+++」を参考にしましょう。
老けたくないなら絶対に「PA+++」以上のものを。

 

「紫外線」と「老化」には密接な繋がりがあることをしっかり認識しましょう。

今、私は年相応か少し若いくらいに見られる程度ですが、これが10年後、20年後になってくるとこの小3からの努力が報われてくるのかな~、
とニヤニヤしております(笑

老けたくない人は今日からマストで紫外線対策です!


ほかにも色々と紫外線を対策するメリットはあります!
また次の記事でお話したいと思います。

 

 

ちなみに記事を書いているときに塗り塗りしたのはこちら、スキンアクアモイスチャージェル(SPF35 PA+++)

 

知らない人はいないんじゃないかってくらい有名でどこのドラッグストアにもおいてありますよね!

去年あたりから高PAのジェルが出始めてきたので嬉しい。科学の進歩です。

家にいるときはこのくらいで十分なんじゃないかなぁ。

ミルクタイプを使いたいけど、もったいないなってときに使ってます。